NFT

NFTとは?

NFTとは、ブロックチェーン上で発行され、流通する、偽造不可な鑑定書、所有証明書付きのデジタルデータです。

NFTとはNon Fungible Token(ノン・ファンジブル・トークン)の略で、「代替不可能なトークン」という意味で、ブロックチェーンの技術を利用して発行と管理が行われています。

例えるなら、ブロックチェーンという金庫の中に「鑑定書」「所有証明書」を保管している様なイメージです。

NFTでもっとも有名なブロックチェーンはEthereum(イーサリアム)で、多くのNFTはこのEthereum上に存在しています。

NFTの特徴

特徴1:
本物と偽物の識別ができる。

ブロックチェーン技術を用いて、誰がそのNFTを発行したのか、誰が所有してるのかを管理しています。
常に情報がブロックチェーン上で分散管理されているので情報の改ざんを防ぐことができます。
その技術により「唯一無二」の証明が可能となりました。

  • 仕様変更などがあった場合は変わる可能性があります。

特徴2:
二次流通の取引額からも収益が得られる。

今までは二次流通されても、クリエーターには利益が入りませんでしたが、NFTは「誰が発行して、今誰が所有している」情報が記載されているため、二次流通でも収益を得ることが可能です。

  • NFTを発行する際に二次流通から利益を得る設定をする必要があります。

特徴3:
NFTの規格に沿っているサービスであれば、どこでも取り扱い可能。

NFTは共通規格によって定められているため、NFTの規格に則ったサービスであれば原則利用することが可能です。

  • 仕様変更などがあった場合は変わる可能性があります。

何が画期的なの?

これまではデジタルデータは簡単にコピーできてしまい、誰に権利があるのかを証明するのが難しい状況でした。
そこで登場したのが「NFT」

NFTはブロックチェーン上で情報が管理されているので、誰がそのNFTを作ったのか誰がそのNFTを保有しているのかを明確にすることが可能となりました。

NFTとは「鑑定書」「権利書」をイメージしていただければわかりやすいと思います。

改ざんができない「鑑定書」と「権利書」をブロックチェーンで管理しているので、簡単に「本物」か「コピー」なのかがわかります

アーティストにとっては「作品の権利を守ってくれるもの」、コレクターにとっては「オリジナルであるという証明ができる」という、NFTはアーティストとコレクター双方に多大なメリットを生み出す画期的なシステムです。

NFTを所有するという価値

2021年現在、NFTはバブルの状態とも言われており様々なアーティストや投資家から注目されています。

これまでのデジタルアートは簡単にコピーできてしまい、資産としての価値を見出せない状況でした。

このデジタルアートの問題点を解消したのがNFTです。

他の暗号資産と同様に偽造できない上に取引履歴の追跡が可能となるブロックチェーン技術を用いて、そのデジタルアートが本物かどうかを判別することができるようになりました。

誰でもそのデジタルアートをオンライなどで見ることができ、端末に保存することは可能ですが、大きな違いは誰が作って誰が所有しているのかがわかる「所有権の所在」です。

例えば、ピカソやゴッホなどのコピーの絵を家に飾ったりすることは可能ですが、それはそのアートを所有していることにはなりません。コピーを見て満足されるかもいらっしゃるとは思いますが、中には大きな資金を投じてでも「本物」を所有したいと言う方も少なくありません。

有名絵画もコピーが出回っていますが、実際に「唯一無二の本物」は存在し、所有者はその作品の公式のライセンスを持っている方だけになります。

その公式ライセンスをNFTと言う新たな仕組みにより、デジタルアートにも「唯一無二の本物」と証明が可能となったため、新たな「投資対象」として価値を持つようになりました。

主なNFTの販売実績としては、デジタルアーティストBeepleの「The First 5000 Days」が老舗オークションハウスのクリスティーズで6900万ドル(約76億円)で落札された他、サザビーズによるNFTオークションでは、Pakの《The Pixel》が135万5555ドル(約1.5億円)で落札、NBAトップショットでは、レブロン・ジェームズのハイライトシーンを20万8000ドル(約2300万円)で購入したバスケットボールファンもおり、大きな話題となっております。

NFTは「誰が制作して誰が所有しているのか」が記録されているので、アーティスト側にも多大なメリットがあります。

大きくは「自分が作ったという証明」「2次流通からも利益を得られる」の2点があります。

NFTはアーティスト、投資家、コレクターなど双方に多大なメリットを与える新しい時代のアートのあり方を示す技術として大きな注目を集めています。

NFTの購入方法

NFTを購入するためには

  • イーサなどNFTに対応している仮想通貨
  • ウォレット
上記が必要です。
  • 必要な仮想通貨やウォレットなどはそれぞれのマーケットプレイスで違いがあるので、詳しくは利用するマーケットプレイスでご確認ください。

上記が準備できたら、お目当ての作品があるマーケットプレイスで購入したり、オークションに参加することができます。

NFT購入にはNFTの理解だけではなく、仮想通貨の知識も少なからず必要となってきます。

NCOMIXでは仮想通貨に抵抗がある方でも簡単に始められるように、クレジットカード決済を導入しております。 ぜひこの機会にNCOMIXで新たな時代のアートあり方を体験してください!

rNFTとは?

rNFTとは、Redeemable NFTの略で「リアルアイテムと交換可能なNFT」という意味です。 現在話題になっているNFTは、デジタルデータの情報が多いですが、rNFTはリアルアイテムと交換できる「引換券」をイメージしていただければわかりやすいかと思います。

NFTは「唯一無二」を証明できるため、価値のある物理的なモノの引換券として使用することが可能です。

仮にそのもの自体が手元になくても「引換券」を持っているので、NFTを所有していれば「あなたのモノ」という証明が可能となります。

rNFTの特徴

特徴1:
リアルアイテムと交換可能。

デジタールアートやゲームアイテムなどのデジタルだけではなく、rNFTを使えば実在するリアルなアート、リアルなアイテムなどの鑑定書つきの引換券のような形で取引が可能となります。

特徴2:
リアルビジネスの参入が可能。

アートやコレクターアイテムなど、唯一無二のリアルアイテムにも使うことができるので、データではなく実物を売買している企業なども参入可能となります。

特徴3:
新しい形の資産としての可能性。

リアルアイテムを「本物」と証明することが可能なので、rNFTにより資産価値を証明をすることが可能となる未来が来るかもしれません。
現在、デジタルアートバブルとも言われておりますが、rNFTはリアルアイテムに結びつくものなので、現在のデジタルアートバブルに大きく左右されることなく、従来のリアルアイテムの価値を保証することが可能な技術です。

  • 仕様変更などがあった場合は変わる可能性があります。